「……さくら、さくら……」
……響くのは鈴の音、そして、童女の歌う声。
「いのちのまつり。
 おもいのめぐり。
 きみゃくはめぐる、ちからのままに。
 きざめ、きざめ、いのちのしるし。
 ゆくかいなかはだれもしらぬよ。
 
 さくら、さくら。
 
 はなはひらきてみまもるのみ。
 
 さくら、さくら」
……季節忘れて開いた桜。
薄紅は、何を求めるか……。
☆更新履歴
09/10/28
・村建てました! 49 緋桜酔夢
09/10/27
09/10/17
・進行関係 1日目に一般人NPCについてを追記。
09/10/03
・10/28頃村建て・10/31 00時開始で仮決定。
09/08/07
・開催日時を暫定で11月前半に。
09/07/27
・舞台設定を追記。更に、進行関係も追記。
・参加意思表示アンケ設置。
09/07/02
・キャラセット確定。
09/06/21
・桜の子(狂信者)に関する設定追記。
09/06/10
・企画ページ正式公開。キャラセット希望アンケ開始。

緋桜酔夢

村の概要

  • 企画者:たすく@幻夢管理ねこ
  • 開催時期:10/28頃村建て・10/31 00時開始
  • 開演場所:人狼物語 ─幻夢─
  • 種別:完全RP村(勝敗度外視・ガチ禁止)
  • キャラセット:幻夢 和名
  • 募集人数:10〜12人
  • 進行:48時間設定・3日目以降24hコミット進行
  • 発言制限:多弁(1500pt・36act/1日)
  • 文章:人狼物語 幻夢
  • 編成:占霊守智2信村4〜6+1
  • アンデッド:OFF
  • 閲覧制限:閲覧注意
    • 殺傷描写・疑心暗鬼などがメインテーマの一つとして取り入れられています。
    • 重要:人による食人描写があります
    • かなりダークな部分がありますので、流血やグロ系描写が苦手な方は参加・閲覧をお控えください。
  • 更新時刻:00時
  • 更新リミット:極端な深夜進行はなるべく自重。
  • 肩書き変更:制限なし。ただし、現代日本という舞台設定から余りにもかけ離れているものは自重方向で。

進行中ページ ※襲撃状況や、施設追加時はこちらへ!

緋桜酔夢・進行中ページ

参加意思表示

選択肢 投票
参加希望 2  
様子見中 2  
枠空いてて入れたら入るかも 1  

舞台及び基本設定

15村 緋月繚乱と同様の設定を持つ村です。
ただし、15村とは異なりバトル主体ではありません。

:プロローグ
何事もない日常。平凡な日々。
それは、ある日突然覆される。
 
季節を忘れたが如く、開いた満開の桜。
そして、桜を中心とした区画は謎の力に閉ざされる。
 
区画を閉ざしたのは、季節外れの花吹雪の中で『目覚めた』ものたち。
彼らはお互いの『あり方』に基づき、動きはじめる。
 
一方は、己が願いのため。
一方は、己が役割のため。
 
それらを見守るものと、それらに巻き込まれたものと。
 
交差の先にあるのは、果たして──。

:舞台設定
首都圏からはやや離れた地域の、ごく普通の街。
街の中央公園には見事な桜の大樹があり、それが街のシンボルツリーとなっている。
公園からは、駅へと延びる通り(北)、繁華街(東)、ビジネス街(西)、住宅地(南)へ続く道がそれぞれ伸びている。
駅前通りには、見事な桜並木があり、シンボルツリー共々街の名所となっている。
それ以外の通りに何があるかは、言った者勝ちで。
1日目の桜開花以降は、どの通りも500メートル程進むと、壁のようなものに遮られて先へ進む事ができなくなる。
壁は無色透明、向こう側には続きの風景が見えているが、動く者の姿はない。
この壁は、憑魔と司の力が構築した結界であり、実質、公園を中心とした半径500メートルの空間は現実から隔絶された異界状態となっている。
電気や水道などのライフラインは健在。ただし、通信機器は壊滅しており、電話やネットは繋がらず、携帯は全て圏外表示。

キャラセット希望アンケ ※終了しました

幻夢 和名[2],幻夢学園[0],どちらでもOK[1]
上記結果により、キャラセットは『幻夢 和名』にて本決定します。

役職設定

  • 狼側設定
    :智狼
    憑魔(ひょうま):人の抱える心の闇に宿るもの。心の奥の願望や欲望を刺激して、それを叶えるためにのみ、宿主を邁進させる。
    願いを叶えるための力を宿主に与えるが、それと引き換えに正気は失われ、また、人を喰らわなければ生きて行けなくなる。
    司を喰らう事でより大きな力を得られる。

:狂信者
桜の子(さくらのこ):憑魔と司が対峙する際に開く、季節外れの桜に現れる謎の童女・桜花の力の影響を受けしもの。
その力により、憑魔が何者に憑いたかを察知できる。
しかし、影響が不完全なため司が誰かまでは読み取れない。
一方に組するも、桜花同様傍観するも、自由に動ける。
桜花の影響のためか、桜の閉ざす空間において唯一、他者の血肉への渇望を感じぬもの。
憑魔や司のように強い力は持たないが、桜の花弁を操ったり、望んだ時に桜の側へ行く事ができる。
また、死者の骸を、離れた場所から桜へ捧げる事もできる。
※狂信者は食いログ作成ができません。

  • 村側設定
    :占い師、霊能者
    司(つかさ):憑魔に抗い得るもの。自然の力を借り受け、それを自らの力に転ずる事ができる。
    力を用いることで、常人にはあり得ない身体能力・治癒能力を発揮できる。
    自らに宿った力を用い、憑魔を探す事が可能。だがその方向性は異なり、一方は生者を見極め、一方は死した者のみを見定められる。
    自らの力で見出した憑魔を喰らい、滅する事が叶う。

:守護者
司(つかさ):憑魔に抗い得るもの。自然の力を借り受け、それを自らの力に転ずる事ができる。
力を用いることで、常人にはあり得ない身体能力・治癒能力を発揮できる。
自らの力により、他者を憑魔の襲撃から護る事が可能。
憑魔を喰らい、滅する事が叶う。

:村人
桜の結界に囚われたもの。
特別な力はないが、それ故に如何様な途も選べる。
あくまで人で在り続けるか、それとも異種を喰らってその異種となるか。
それは、自らの意志で定めること。

吊り・襲撃・墓下関係

【吊り・襲撃共にPL>PC視点で、盛り上がり重視の選択を。
委任は禁止しませんが、積極的な使用は推奨しません】

吊り描写は、基本的にはPC同士のキリング描写になりますが、それにのみ拘る必要はありません。
襲撃描写は、赤ログ優先にて。
お手数ですが、赤組さんにはwikiの方に襲撃状況の書き込みをお願いいたします。
(記載場所は開始後に作成します)

喰いログについて

通常の村では狼だけ、という事も多いのですが、この村では狂信者を除く全役職が作成する事ができます。
とはいえ、一部には条件などもありますので、ご注意ください。

  • 憑魔:実質制限なし。襲撃対象への赤での喰いログは自由に。キリング実行後、白ログで喰らう、というのも展開によってはありです。
  • 司:基本的に、憑魔に対してのみ可能。役職によって、微妙な差がありますのでご注意を。
    • 占い師:自身が黒ヒットした憑魔に対してのみ、喰いログ作成可能。
    • 霊能者:黒判定が出た場合、喰いログ作成可能。実質、ほぼ無条件。
    • 守護者:GJや占の黒出しへの居合わせなどで、相手を憑魔とPC視点で認識している場合、作成可能。
  • 村人:通常は不可。しかし、ストーリーの流れや展開如何によっては憑魔や司を喰らい、その力を引き継ぐ、という展開もあり。

死者の身体について

キリングないし、襲撃描写の後、以下のどれか適当なものを当てはめて描写してください。
どんな経過を経るにせよ、最終的に死体は消滅します。

  • 憑魔の糧

    襲撃死者は憑魔に喰われます。とはいえ、全部喰わなくてもいい(極論すると、心臓だけでも十分なので)ので、それで残った屍は司による浄化or桜による取り込みを受ける事となります。
  • 司による浄化

    司は知識としてその事を知らなくても、本能として、憑魔を浄化しようとします。
    そのために憑魔の干渉を受けた(憑魔化したor憑魔に殺された)存在を、自然に帰す力を持っており、意識無意識に関わらず、それを行使しようとします。
    とはいえ、これだと占霊守に死体処理班的な役割もついてしまうわけで、pt的な負担になるかと。なので、適宜桜を使うなどして、フォローはいれてください。
  • 桜に取り込まれ

    司が関われない状況だと、こうなります。
    いきなり咲いた桜は、憑魔と司、両方の要素を持ち合わせており、死せる者の血を吸って花を咲かせ、その身を自然に帰させる、という力を持っています。
    この場合、死者の身体は、例えどこに合っても一定時間後に桜の根元に現れ、花弁となって消滅します。
    桜の子は、死者の身体がどこにあっても、その場で桜に捧げる事ができます。

墓下

彷徨える霊魂の空間。
死者となってもなお、桜の結界からは逃れられず、ただ、現の様子を見続ける事となります。

進行関係

プロローグ

当たり前の日常。当たり前の生活。
桜の大樹をシンボルツリーとする街で生きる人々が、当たり前の暮らしを送っている。
ある人とある人は、知り合いかもしれない。
親子や兄弟、友人や恋人。仕事の同僚やクラスメート。
あるいは、もっと深い何かを持つかも知れない。
勿論、全く知らないもの同士でもあるかも知れない。

ただ、一つ共通するのは。
後に、桜の開花に立ち会う者たちである、という。
ただ、それだけ。

※村入りしたら、メモに簡単な自己紹介を貼っておいてください。

簡易テンプレ
■名前:(フルネームと読み仮名)
■年齢:
■職業:
■設定:(PL視点での簡単な説明)
■希望縁故:(強制ではありませんが、好感情だけではなく、悪感情も一つか二つはとるようにしてみませう)

1日目

48時間進行。
:前半
桜の大樹に一つだけ、季節外れの蕾がある、という噂が広まる。
桜の噂を広めているのは、街では見慣れない女性。
彼女は、桜の危険性を説き、近づかぬように、と警告を繰り返す。
その日の夜、桜を見に集まった者たちの前で、何の前触れもなく、満開になる桜。
突然現れた桜色の小袖の少女は、楽しげな唄を歌い、『始まり』を告げる。
それと同時に、力ある者は目覚め、あるいは動き出し、意識無意識定かならぬまま空間を隔絶する。
※桜開花イベは、集まり具合にもよりますが、1日目前半の21時くらいから始める方向で。
無理にその時間に居合わせなくても大丈夫です。
間に合わない場合は回想を回す、などの補完をお願いします。
駅前通りの桜は咲きません。咲くのは、シンボルツリーである大樹のみです。
なお、赤ログでの覚醒タイミングは任意です。

:後半
桜の開花後、公園を中心とした区画が隔絶される。
取り残された者たちは、脱出の方法を模索するが、その中で桜見物に来ていた者たち(一般人NPC)の死や変異を目の当たりにするやも知れない。
※一般人NPCについて
一般人NPCの扱いは特に制限はありませんが、2日目前半くらいまでの間にPC以外は全滅するものとします。死因は主に以下の二つ。

  • 憑魔化して暴走
    憑魔化して暴走する場合、理性的な思考は完全に抜け落ち、他者の血肉を求める存在として扱ってください。
    外見的な変貌は一切なし。あくまで、人の姿形が保たれます。
  • 憑魔化したPCないし、一般NPCに喰われる
    文字通りです。赤ログで食らったり、上記の暴走と絡めて突発イベントに使ったり。

2日目

48時間進行。
桜への警告を発していた女──綾野が、命を落とす。
その姿は、何者かに喰らわれたかの如き様相。
桜色の小袖の少女が歌う中、人にして人ならざるモノたちの存在がより強く現実味を帯びてゆく。
力あるもの、力なきもの。
それぞれが生きるための術の模索を要求されてゆく。
※赤組は、綾野襲撃描写をまとめの方に記載してください。
こちらは、1日目の時点で投下していただいてもOKです。

3日目以降

24時間進行。コミットアンカーは、サマリ順の持ち回りにて。
生きるための、命の交差が始まる。
己が役割のため、己が望みのため。
そして何より己が生きるため。
文字通り、命を喰らう交差が。

エピローグ

物語の終幕。
何者が生き、何者が死するとも。
桜は散り、結界は解かれ行く。

※最終生存者によるエンドRP終了後、軽く〆のナレーションとキャストロールを投下します。
それ以降は、フリートークモードへ。

質問その他

疑問点などありましたら、こちらへ。

  • お訊ねしたいことが。桜の子(狂信者)は憑魔を感知出来るだけで、それ以外の能力(憑魔や司のような力)は無いと見て良いのでしょうか? -- とくめい? : 2009-06-21(日) 13:03:52
  • おおう、フォロー不足でしたΣ基本的には、影響を受けただけ=生来能力や憑依による能力ではないので、憑魔や司のように強い力を操る事はできません。ただ、桜の花びらを操って軽く幻惑するとか、瞬時に桜の側に移動する、程度の能力は桜花から得た、という形で使えても問題ないです。 -- たすく@幻夢管理ねこ : 2009-06-21(日) 13:14:01
  • あ、もう一つ。死者の体を桜へ返す事ができます。後で上にも追記しますので、しばしお待ちくださいませ。 -- たすく@幻夢管理ねこ : 2009-06-21(日) 13:16:55
  • 了解しました。回答他ありがとうございます。 -- とくめい? : 2009-06-21(日) 13:38:37

トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 新規下位 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-12 (月) 12:03:11 (2555d)