疾風怒涛・魔法実習!

村の概要

  • 企画者:たすく@幻夢管理ねこ
  • 開催時期:12/11村建て・14頃開始
  • 開演場所:人狼物語 ─幻夢─
  • 種別:ランダム+魔法バトルRP村 ※ラスファ魔法学院設定使用
  • キャラセット:幻夢セット ※ゼルギウスはGMが使用
  • 募集人数:10人
  • 進行:48時間設定・1日目から24hコミット進行
       ※2日目以降は、バトルの有無によって更新時間を変更
  • 発言制限:多弁+(1500pt・50act/1日)
  • 文章:人狼物語 幻夢
  • 編成:狼1囁1村8
       ※狼はPL・PC共に固定
  • アンデッド:ON
  • 閲覧制限:特になし
  • 更新時刻:00時
  • 更新リミット:特になし
  • 入村時注意:人狼・ランダム希望禁止
  • 肩書き変更:専攻学科+学年に変更

舞台及び基本設定

:大雑把なストーリー
……年の瀬迫る魔法学院では、学期末試験の真っ最中。
この試験、学科毎にやるかというとそうではなく。
各導師が用意するバリエーション豊富な実習のうち、一つを選んで突破する、というのが風物詩(?)となっていた。
 
導師それぞれの性格……もとい、特色の出るこの試験。
その中でも、妙に恐れられているのが、疾風学科の新米導師、『魔本盟約者』として知られるゼルギウス=モーントシュタインの隔離空間内実習だった。

:試験会場について
学園内の空間を捻じ曲げ、隔離する事で作られた結界内。
平原、森、湖畔、砂漠、洞窟、休憩所の六個のエリアと、地下迷宮風の追試試験場が存在する。
内部を移動する際はactで1d6を振って移動先を決定。

  1. 平原
  2. 湖畔
  3. 砂漠
  4. 洞窟
  5. 休憩所

ターゲットマーカーの押し付けのためには、相手と同じエリアにいなくてはならない。
移動先に誰もいない場合は、遭遇するまで振りなおし。
双方同意の上で魔法バトルをする場合は、ランダムせずに好きな場所へ移動して対戦できる。
ただし、休憩所ではバトル禁止
しかし、休憩所にこもりきるのも禁止
休憩所からあまり長く動かないでいると、強制的にターゲッティングされる可能性もあり

役職設定

  • 狼側設定
    :人狼 ※PL・PC固定。村建て以外の選択厳禁
    試験官である疾風学科導師ゼルギウス。
    試験会場と追試会場を往復可能。
    挑んで勝てたら色々とボーナスがある。

:囁き狂人
ゼルギウスに助手として選抜された生徒。選抜された時点で、自動的に単位取得、という事になっている。
試験会場と追試会場を往復可能。
こちらにも、挑んで勝てたらボーナスあり。

  • 村側設定
    :村人
    志願したのか、送り込まれたのか。
    ゼルギウスの試験突破が学期末試験となってしまった一般生徒。
    疾風に限らず、様々な学科の生徒が集まって(集められて?)いる。

吊り・襲撃・墓下関係

☆吊り・襲撃ルール

  • 2日目以降、開始時に天声でwho×2。指定された者がその日の初期吊り・襲撃対象。ターゲットマーカーがつけられる
    赤組が出たら振りなおし
  • 選ばれた者は、他の誰かを捕まえて、ターゲットマーカーを押し付ける事が可能
  • 押し付けの方法は、二種類
    • ログ上でターゲット宣言後、互いに1d20をactで振り合い、数値の大小で勝敗を決める(時間ないひと・バトル不向き設定のひと向き)
    • ログ上でターゲット宣言後、1on1バトルルール:自己紹介/たすく@幻夢管理ねこ/バトルRP村なあれこれを適応し、魔法バトルで勝敗を決める(時間あるひと・バトルしたいひと向き)
      このバトルで同数が出た場合は、決着つくまで振り直し(相打ちにできないので)
      バトルで決める場合は、事前にメモで時間などの調整OK
  • ターゲットマーカーの押しつけ回数は、一人一回のみ
  • ターゲットマーカー押し付けのリミットは、23:30。そこを越した時点で、マーキング確定

☆墓下
墓下は、魔力で作られた隔離空間。内部では魔法生物ふわふわが大量に発生中。
このふわふわの捕獲ミッションが、墓落ち組への追試となる。
捕獲のための方法は、以下の通り。
一日一回、どれか一つに挑戦可能。ただし、赤組への挑戦だけは、最終日には不可能。

  • 最初に1d6。奇数ならふわふわ捕獲成功。偶数なら失敗。
     成功時は再度1d6して、捕まえたふわふわの数を決める
  • 誰かが持っているふわふわを横取りする事も可能
     横取りの方法は、ターゲットマーカーの押し付け合いと同じく、1d20の振り合いか、バトルにて
  • 赤組にバトルを挑み、勝った場合、ボーナスとしてふわふわ捕獲数+5。負けると捕獲数半減

終了時に、最も大量のふわふわを捕獲していた生徒は単位習得。それ以外はエピで罰ゲーム

進行関係

プロローグ

試験前の日常。
ゼルギウスの作った結界の入り口へと集合する。
集まったら、次のテンプレに従って、受講届けを提出する。

■氏名:(綴りがあると企画は泣いて喜びます)
■学科・学年:
■種族:
■取得魔法:
■その他:(PCのプロフィールなど。PL視点の補足や縁故希望もどうぞ)

1日目

試験会場入り。本試験前のウォーミングアップとして、ゼルギウスが召喚したクリーチャーを各自一体撃破する。
クリーチャーのHPは80。actでfortuneを振った値が合計で80を越えたら撃破。
また、クリーチャーに挑まず、ゼルギウス本人にバトルを挑むのも可能。
挑めるのは先着1名のみ。勝利した場合、ちょっとしたボーナスがあるらしい。

2日目

本試験開始。
1日目にゼルギウスに挑んで勝利した生徒は、この日ターゲッティングされる事はなく、マーカーを押し付けられる事もない。

3〜4日目

本試験続行。
追試試験場では、追試も開始。

5日目

残った二人vs試験官組の勝負。
一組ずつの1d20orバトルによって勝敗を決める。
組み合わせは、生徒の方からの希望を優先。
※希望と時間が上手く揃うようなら、2on2でもOK
勝てば試験突破で単位習得、負ければエピで罰ゲーム

エピローグ

試験の結果発表。
最終突破者と追試突破者以外には、罰ゲームが言い渡される。

結果発表でエンド、フリートークに突入し、罰ゲームはその後ロールの一つとして消化する、でもOK。

質問その他

疑問点などありましたら、こちらへ。



トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 新規下位 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-12 (月) 12:03:13 (2558d)