Elementare Versiegelung

村の概要

  • 企画者:rokoa
  • 開催時期:未定
  • 開演場所:人狼物語 ─幻夢─
  • 種別:完全RP村(勝敗度外視・ガチ禁止)
  • キャラセット:星影セット
  • 募集人数:10〜13人
  • 進行:時間設定・3日目以降24hコミット進行
  • 発言制限:多弁(1500pt・36act/1日)
  • 文章:人狼物語 幻夢
  • 編成:ダ + 狼狼囁 占霊守 村×4〜7(フルったら聖を入れるのを考慮)
  • アンデッド:OFF
  • 閲覧制限:閲覧注意(PC間キリング・遺体描写あり)
  • 更新時刻:00時予定
  • 更新リミット:遅くても3時くらいまでには。
  • 入村時注意:特に無し。覚悟があるならランダムでも何でもやれば良い。キリングありの村なので、キリングの出来るキャラで入りましょう。
  • 肩書き変更:世界観に見合ったものであれば可。

参加意思表示

選択肢 投票
参加希望 0  
様子見中 0  
枠空いてて入れたら入るかも 0  

舞台及び基本設定

Sound Horizonの『雷神の系譜』を聞いて思いついたものですが、全くかけ離れたものになってます。
ただ、イメージは近いと思うので参考にするのはどうぞ。
曲に出て来るキャラクターを模倣するのは自由ですが、内容をそのまま再現する村では無いことは念頭に置いておいて下さい。

 プロローグ

遥か昔、死闘の末に邪神を封じた民が居た。

彼らは邪神を封じた地に村を築き、住まうことで結界を強固なものにした。

その地に己らの血脈が住まううちは、結界が解けぬように──。
 
 
 
しかし邪神も大人しく封じられはしなかった。

封じられる直前、己が分身とも言える力の欠片をいくつか外へと飛び散らせた。

期が満ちたなら、封印を解くよう動く眷属を生み出す闇の種を──。
 
 
 
 
そして時は流れ。

邪悪なる胎動が山中の小さな村を覆い始める…。
 
 
 
 
 
 世界観
伝説・伝承の類が強く信仰されている。
電気やガスなどは未だ使われておらず、山奥で交易もあまり盛んでは無いためにガラスと言ったものも貴重品であるような時代。

 舞台設定
邪神封印の伝説が残る山中の小さな村。その村に住む人々そのものが邪神の結界を封印する結界の役割を果たしている。
村の深奥には邪神を封ぜし祠。その祠に入り込む者を防ぐため、村の者達はツーマンセルで交代しながら祠の護りにあたっている。中に入ることは出来ないが、外から見学することは可能。
村の中央には集会を行うための広場、その周囲に然程大きくない宿や店などが並び、家屋は広場から放射状に点在する形になっている。
山側の深奥に祠があるため、教会の類は無い。
村の西側から南側にかけて川が流れており、そこから水を引いて溜池を作ったりもしている。

村では基本自給自足で、食糧は農作物を作ったり狩猟・釣りなどで賄っている。
特産品となるものは特にないが、占星術師でもあるクローディアの評判もあり、村を訪ねて来る旅人も少なくない。

 PCの共通設定
村の人々は皆四つのエレメント<地・水・火・風>の力の一つを有する。PCも例外ではない。
自身の持つエレメントを操り、それに準じた力を繰ることが可能。
力を繰ることによって及ぼされる効果は人により差異があるため、その辺りは各自が自由に決めて良い。
エレメントには優劣があり、<地→水→火→風→地>優→劣と言った力関係になる。RPに絡める等はご自由に。

外部からの訪問者は村人のように四つのエレメントを扱うことは出来ないが、何か一つ能力を自由に設定出来る。ただし、外から来たと言うことで騒動が起こると真っ先に疑われやすい。

また、過去に一度、今回と同じように封印を狙われたことがあるが、かなり昔のことであるため伝承として残っているのみで詳細は知られていない。
ただ、村が残っていることから、その時は復活阻止が出来たことだけは確かである。

(言うまでも無いとは思いますが、俺TUEEEE!!や無敵は非推奨です。やるならエピでフルぼっこetc.を覚悟しましょう)

役職設定

  • 狼側設定

 人狼:邪神の使徒
封印された邪神の欠片を身に宿す者。
期が満ちると同時に力が顕現し、邪神解放のために行動するようになる。
封印に綻びを生じさせるために村の者達を襲う。

 囁き狂人:使徒の協力者
封印された邪神の欠片を身に宿しながらも、力が完全がに顕現しなかった者。
邪神の使徒との意思疎通が出来るが、それ以外の力は基礎能力のみ。
己が何をすべきか頭では理解していても、完全にはそれに縛られていない。
最終的にどうするかは本人次第。

  • 村側設定

 占い師(生者から邪神の欠片の有無を視ることが出来る)
 霊能者(死者から邪神の欠片の有無を視ることが出来る)
 守護者(邪神の力を弾くことが出来るが、自身にその力は使えない)
一族の力を色濃く受け継いでいる者。
それぞれの呼称は無いが、邪神の欠片を視れる者と邪神の力を弾く者が居る。
ただし、それぞれ制限があり、無理矢理その制限を破ろうとすると、力が暴走し身を滅ぼすと伝えられている(実際にどうなのかまでははっきりしていない)。

 村人
基礎的な能力のみ持つ者。
邪神の使徒を探す術は持たぬが、協力して廃することは可能だろう。

 聖痕者:封印の紋章を持つ者(人数フルになった場合のみ)
邪神を封じるための力を色濃く宿す者。
その時が来ると身体に証となる紋章が現れると言われている。
封印の力を持つ反面、邪神にとって封印を解くための大きな鍵にもなる。


吊り・襲撃・墓下関係

 吊り
「疑わしきは滅せ」を実行。
PL視点>PC視点、展開重視。メモでの擦り合わせもありですが、ほどほどに。
事前(更新前)キリングも可、ただし義務では無いです。
更新後に吊られた者に誰もキリング理由がない場合は、村人による私刑としても可。

 襲撃
各自の能力が関わってきたりするため、赤ログ優先の描写となります。
更新後出来るだけ早めに襲撃情報の欄(後日、同ページに作成)に提示して下さい。
どんな襲撃方法でも構いませんが、一切の痕跡が無くなるようなものだけは回避して下さい。

 墓下
魂のみの世界。
場に縛られるようなことは無いが、大概の魂は死して尚、結界を保とうとするが如く村の傍に留まる。
魂のみとは言え生前の姿を取ることが多い。

 各ログについて
進行中の白ログでの中発言は避けること。
囁き・墓下は必要に応じて適度に。雑談モードは出来るだけ控えて下さい。
独り言はご自由に。
また、白ログでのAA・顔文字の使用は禁止。

進行関係

プロローグ

山中にある小さな村での日常。
村人も旅人も思い思いに過ごしている。
この時点で異変に気付いているのはクローディアただ一人。

※入村したら自己紹介のテンプレに記入してメモにアンカ貼って下さい。
■名前:(綴りがあると泣いて喜びます。無くても捻じ込みます)
■年齢:
■職業:
■経歴:
 ※他、所持属性やPL視点での補足など
■希望縁故:

村に残る伝説及び結界の役割については村人ならば誰でも知っています。
旅人でも噂や村人から伝説については聞くことが出来るでしょう。ただし、結界の役割を村人が負っていることは口外されません(少なくともプロローグのうちは)。

1日目(48h)

48時間進行。

 前半
クローディアから邪神の使徒が紛れ込んで居ることを伝えられる。
(告知イベントを予定しています、リアル時間22時頃。必ずしも立ち会う必要はありません。その時顔を出せなかったとしても、村に居る全員に伝えたことにして下さい)
如何に力持つクローディアの予言とは言え、未だ半信半疑の者も居るだろう。

 後半
クローディアの予言通りに村を暗雲が包み込み始める。
(以後、エピローグに入るまで天候は変わらない)

2日目(48h)

48時間進行。
クローディアが遺体となって発見される。
彼女の言葉が真実味を帯び始め、村人達に動揺が走る。
村長から出されたのは、「疑わしきは滅せ」の言葉。
混沌なる惨劇が幕を開ける──。

3日目以降(24h)

24時間コミット進行。
賽は投げられた。
転がった先に示されるのは、希望か絶望か。

エピローグ

生存者によるエンドロール。

一区切りついたならキャストロール後にフリートーク解禁。
解禁後は後日談をやるも生者と死者の邂逅をやるもご自由に。


開始日アンケ

選択肢 投票
月前半 0  
月後半 0  
月前半 0  
月後半 0  
月以降 0  
月以降 0  
いつでもOK 0  

質問その他

疑問点などありましたら、こちらへ。



トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 新規下位 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-12 (月) 12:03:29 (2555d)