この村は終了しました。ありがとうございました。
2008/09/07 ページ完成。人数把握の為にぽちってほしかったりします。
2008/10/20 7票超えたので、村を建てます。プロで、プロの長さがいつまで大丈夫か聞きます。
2008/10/24 禁止事項などに赤ログ希望時の注意事項を記載。

CENTER:玉繭の生る頃

#ref(): The style ref(filename,pagename) is ambiguous and become obsolete. Please try ref(pagename/filename)

10/31 村建て
11/11 村終了
参加者様一覧*1
ヨーランダcheshireタバサtasuku
バーナバスmu_muジョージgakuhara
ペラジーcunnonパティhisiro
ケイトHinataマーゴhishou

i.村の情報
繭は樹に成り
ii.設定事項
糸繰りは糸を紡ぐ
iii.進行
母なる大樹に生る繭の裡
iv.コメント
魔に狙わるる糸繰りの仔は其処に在る

基本情報

  • 企画者:hishou
  • 開催時期:10月末~11月中旬
  • 開演場所:人狼議事RP鯖
  • 種別:RP村
  • 募集人数:8~12
  • 進行:24h設定エピにて1度延長(予定)
  • 発言制限:しんもん(1000pt+200pt)
  • 編成:C国編成
  • 更新時刻:0時
  • ダミー:ヴェスパタイン

推奨事項・禁止事項

  • 禁止事項
    1. 無理をすること。リアルの体調も気をつけなければなりません。
    2. 周りの人を気遣わない(不快にする)こと。
    3. 「自分が望むとおりの展開」を進める為だけに動くこと。
      1. 自分の楽しさ=他人の楽しさではないことを認識して動いてください。
      2. 上にもありますが、お互いを尊重し、良い村にしようということを認識してください。
    4. 会話を楽しむ為に赤ログを希望すること。
  • 推奨事項
    1. ちゃんと夜に寝ましょう。出来れば三時間くらい。
    2. 自分がやりたいことは、ちゃんと確定させましょう。
    3. あんまりメモとか赤とか墓とかで、中身同士の雑談はしない方が望ましいです。
      1. でも赤の相談ならたくさんやってもいいとおもいます。
      2. メモ相談をやるなら、白ログ進めようってことです。

舞台設定

◆PC(この舞台に登場する人々)

糸繰りといわれる一族。
彼らは大樹が実らせる繭から、人と同じような姿で生まれる。
生まれたときから知能はあり、歩行も可能。赤子の姿で生まれるものもいる。
寿命は長く、老化は遅い。死ぬ時は樹に同化するらしい。
また、生まれてからはすることがほぼ無いが、己の指から糸を作り出すことも可能。
PC達は見張りに選ばれた糸繰りです。
理由はお好きなようになさって下さい。どのような理由もありえます。

◆大樹について

糸繰りの一族は、大樹と呼ばれる大きな樹の根元で生活している。
一説によればそれは世界と世界を結ぶ樹であるという。
その樹が年に数度、二つずつ生らす一人分ほどの繭の中には、糸繰りの仔が入っている。
しかしその状態の繭を破り、覚醒前の仔を喰らうと、不死や力を得られるといわれている。

◆舞台の場所/糸繰りの郷について

郷は、人数もさほど多くはないので小さい。
人間と違うのは死くらいで、それ以外はすべて人と同じである。
大樹のある森の中で、ひっそりと暮らしている。
年に一度、商人に糸を何がしかを交換している程度で、自給自足である。
もちろん郷を出て暮らすことも可能だが、死の間際は必ず郷へ戻る。

◆魔について

人であったものやら、それ以外のものやら、悪意を持つ意識の塊を魔と呼ぶ。
魔が集まり魔物となり、そうなった時に生物の形を取る。
魔は意識・欲のみであり、動く時はその場に居た人にとりつく。
それらは特に不死や力を求め、糸繰りの仔を求めている。
大樹の近くにある時は、警告のためにいびつな普通より大きな繭が一つだけ生る。

 

役職設定

狼側設定

繭の裡に眠る仔を喰らおうとする。魔に乗り移られた者たち。
※赤ログを秘密会話のできる、会話のためのログだと思っている方は選ばないで下さい。
赤ログ=会話ではなく、赤ログ=襲撃能力が使えるものです。
設定面・能力面でやりたいことが無い場合は、選ばないことをお勧めします。

人狼
魔に取り付かれた最たるもの。
人の心と体を引き剥がすことが可能。
糸繰りという器を得て、意志を持ち、共鳴するようになった。
狂人
取り付かれはしなかったものの、魔の影響を受け易く、魔の味方をするもの。
感化されているだけではあるが、心の共鳴は変わらない。

村側設定

繭を守り、仔を守る者たち。魔に乗り移られなかったものたち。

村人
魔が寄らぬようにと見張りに選ばれた者たち。
普通の糸繰り。
占い師
魔に反応して特殊な糸を生み出すことの出来るもの。
他と変わりはないようだが、本人には理解できる。
霊能者
繭に閉じ込められたものたちの様子を、視ることが出来るもの。
正しくは中に居る者が魔に乗り移られていたか痕跡を見れる。
守護者
誰の目にも見えない糸で、誰かを守ることが出来る。
自分自身に使うと、糸は絡んでしまうので、他人にしか出来ない。

吊り・襲撃・墓の設定

吊り・襲撃・占いは、PL視点で話の展開を考えて行ってください。

吊り
糸を繰り、封じる。
誰がやらずとも、一日に一人、大樹が人を捕らえる。
誰かが封じたのなら、それは行われない。
襲撃
繭の中にはいない。
心と体を離され、心は大樹の中へと戻る。
被襲撃者は仮死状態となる。

◆墓下

大樹の中、精神のみの存在。
大樹を通し、生者たちの様子を見ることができる。
魔に乗り移られていたり、影響を受けていたりしても、それはこの中で浄化される。

進行関係

鍵は上部「吊・襲撃・墓」の項目に、コメントアウトしてあり、コメントのところの掲示板には関係がないのです。ちゃんと読んでるあなたは上をごらんください。

プロローグ

前に生った繭が孵ったその日。
次の繭が生った時、糸繰りたちはそれが玉繭であることを知った。

高い位置に生る玉繭の裡、未だ意志を持たない仔らを守るため、糸繰りたちは大樹の傍で幾人かを見張りとした。

すべての者に、まだ兆候は現れていない。
一日の間の事である。
ゆったりと時間が流れていきます(PL視点)

一日目開始前に、夜の帳が下ります。
大樹の傍には、このようなときの為に、小屋がたてられています。


※後から読む時に面倒なので、入りなおしはあまりお勧めしません。

1日目

朝になります。これ以降、時間の指定は行いません。進行中は、やりやすいように動かすと良いでしょう。

夜、闇の時間に、魔は彼らの場へ入り込みました。
大樹に近づけない弱い魔は、糸繰りの中に入り、その心を掌握します。
そしてその魔の影響を、狂人は受け、魔と似たような心を持つことになりました。

人狼
 魔に乗り移られます。
 一日目が始まってすぐに、魔として共鳴して構いません。
 赤ログについては相談する程度の中ログも可能です。

囁狂人
 魔の影響を受けました。
 時間を追ってだんだんと染まってゆくのでも構いません。
 ただし魔に近しい心は、そう簡単に魔の乗り移った人の事を他人に言えはしません。

 
対して、魔が誰かを乗っ取っていたらと、考える者もありました。
そしてヴェスパタインが、その考えを肯定します。
「魔は誰かの心を掌握した」
魔の気配に聡い者は、探ることを始めます。

占い師
 魔が既に誰かの心を掌握していると睨み、調べることを始めます。
 ただし乗り移られていない人の場合、感じることができません。
 この情報は、知っていても知らなくても、面白いほうをお選び下さい。
 ※他の人は、そういう感じ取れる・取れないについて情報を持ちません。

2日目

ヴェスパタインの精神と身体が引き裂かれました。身体は残ります。

魔が居ることが明らかになり、己らの糸を使うことをPCは決意します。
どんなところでも、襲撃は意識をとられただけなので、その場で描写しちゃってください。
抗うことは出来ません。

守護者
 魔が嫌う糸を、誰かの為に使うことを決意します。
 他の誰にも見れないが、もしも魔が狙ったら、それを弾くことが可能です。

※処刑に悩むようでしたら、大樹が人を捕まえたというのでも構いません。
 この場合も、人がやる処刑と同じく、人の身体は繭に包まれ、心が大樹の中をさまよいます。

3日目以降

繭によって誰かは封じられ、魔によって誰かが裂かれます。

襲撃は、身体が仮死状態になり、精神が大樹へと吸い込まれます。
処刑は、身体ごと繭に包まれ、精神は大樹に吸い込まれます。

こうして、魔が封じられるか、魔が玉繭を喰らうか、どちらかが起きるまで続きます。

霊能者
 繭によって封じられた人に、魔が入り込んでいたかを調べられます。
 ただし繭を介してでなければ、それはできません。

エピローグ

勝利陣営/生存者におけるRP

村側勝利
魔がいなくなったと悟った大樹が、皆を元に戻します。
狼側勝利
玉繭の中を喰らうことが可能になります。
その後、魔がどうするかは、魔の意図の通りにどうぞ。
(身体から出て行っても良いし、乗り移ったままでも良いでしょう)

これ以外にも、生存者が好きなようにロールをまわすとよいでしょう。

※村の空きを見て、1度の延長か2度の延長かを確定します。

質問その他

疑問点などありましたら、こちらへ。


また、パスワードの請求は、上を読んだ上で、必要だと思ったら
http://rips.sakura.ne.jp/secretbbs/secretbbs.cgi
こちらにお願いします。

興味を示す(アンケート)

選択肢 投票
参加希望 7  
体調次第 3  





*1 とても良い思い出を、ありがとうございました。
この村があなたがたの心の片隅に残っていてくれるのなら、それはとても嬉しいことです。
たくさんの村の中から、この村を選んでくれて、本当にありがとうございました。


トップ   編集 凍結解除 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 新規下位 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-08-12 (月) 12:03:36 (2558d)